湯沸 口打出 南瓜形(1. 8 L) [新潟県 燕銅器工芸組合]

商品 / 作品
  • Facebook
  • Google+

Product Story

江戸時代中期(1692~1779年)に仙台から銅器製法が伝わり、燕地方ではやかん類の生産が始まったと言われています。「鎚起」とは鎚で打ち起すという意味で、一枚の平たい銅板から立体製品を生み出す大変高度な技術です。熟練の職人にしか作れない燕鎚起銅器は、丈夫で、使い込むほどに光沢が増すのが特徴です。

掲載元: http://www.gyokusendo.com

pagetop