樺細工 【秋田県 有限会社冨岡商店】

商品 / 作品
  • Facebook
  • Google+

Product Story

秋田県角館の伝統工芸「樺細工」 。樺とは野生のヤマザクラの樹皮のこと。
18世紀末に佐竹北家により、秋田県北部の阿仁地方から角館に技法が伝えられたのが始まりとされています。
樹皮を薄く削りコテで木地に張りつけてつくられる樺細工は、世界でも類を見ない樹皮工芸と言われ、全国でも角館だけにその技術が引き継がれています。
樹皮にはあめ皮、ちらし皮、ひび皮など12種類程あり、天然の素材であるため仕上げられた作品に同一のものはありません。
滑らかで強靱、しかも湿気を避け乾燥を防ぐという特質から、古くは薬籠や煙草入れ、 現在では茶筒やなつめに多く使われています。
冨岡商店では、この伝統工芸に現代の空気をあてるべく、YOnoBIプロデュース、橋本夕紀夫デザインにより、「art KABA」ブランドを立ち上げました。
伝統の良さはそのままに、デザインの要素を加えたモダンな樺細工の誕生です。

掲載元: http://tomioka-shoten.co.jp/

pagetop