桜の図透かし一輪生 [京都府 俊山窯]

商品 / 作品
  • Facebook
  • Google+

Product Story

多くの窯元が軒を連ねる泉涌寺地域で三代続く窯元。江戸時代を代表する陶工、尾形乾山の作風を受け継いだ器が特徴。とくに土の優しさを残す陶肌を覆うように描かれた四季の花々は、俊山窯ならではの意匠美。色鮮やかな絵付や器面をくりぬく透かし彫りなどの技法を駆使して、今の時代に合った京焼の端正な趣を表現しています。

掲載元: http://www.d2.dion.ne.jp/~waku2/

pagetop