手付煎茶急須 [山口県 松林庵登陽窯]

商品 / 作品
  • Facebook
  • Google+

Product Story

昭和27(1952)年より作陶を始めた、初代登陽によって昭和50(1975)年に築かれた窯。原土の基本となる大道土と見島土に秘蔵の金峯土を加えた「登陽紅萩」を使った作品は、萩焼らしい優しい形と柔らかな釉調で、使い込むほどに器の景色が七変化してゆくのが特徴。茶盌水差などの伝統的な茶道具から普段使いの器づくりまで、全て登り窯で焼成されています。

pagetop