益子焼丸急須 [栃木県 陶芸かたおか]

商品 / 作品
  • Facebook
  • Google+

Product Story

昔から良い急須の条件であった「取っ手を下にして立つことができる」安定感があり、優れた機能性のある使いやすい急須を多数生産。伝統工芸士、片岡九二三と後継者山本恭子による窯元。益子焼本来の電動手ロクロを駆使した製法は、一切無駄のない“無心の職人技”として高く評価されており、地元産の粘土の素朴な美しさと自然素材の釉薬が、温かみある優しい風合いとを醸し出しています。

pagetop